<< 姿勢美人、目指しませんか? | main | 〜「質の良い睡眠」を始めてみませんか?(時間編)〜 >>

皆さんの「モノを買う基準」はなんですか?

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

おはようございます。

先日まで台風で大変でしたね。

皆さんの地域はどうでしたか?

名古屋は大雨強風でしたが、近くの三重県は

洪水警報が出ていました汗

 

 

今回はメルマガでもお話ししましたが、

バルミューダの寺尾社長の特集を読み

モノを買うときにどういう基準で買うのか

気になって、自分のここ数年の買い物を

ブログに書いてみようと思いました。

 

 

 

みなさん、モノを買う基準はなんですか?

 

 

 

値段だったり。

 

生産国だったり。

 

色だったり。

 

直感だったり。

 

本当に人それぞれで、「安さ」というこだわりは一緒でも

プラスαでまた違う基準があったり。

聞けば聞くほど十人十色のこだわりがあるなぁと感じます。

 

 

 

私がここ数年で買った、こだわりのモノ

 

 

買ったモノ Дービングバッグ(GRACE CONTINENTAL)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバッグの撮影をしているとき、買ったときの事を

たどって考えてみました。

 

なんで買ったんだっけ...

 

そうだ、

「使えば使うほど、自分だけの色が出る」

の一言で買ったんだ。

 

 

このカービングバッグ、メキシコで専門の職人によって

手作業で作られたそう。

一点一点手彫りと説明を聞き、ますます興味を持ちました。

 

ちなみに私はJR名古屋高島屋で購入しましたが、そのときに

お店自体がここに常設していない事と、

「関西では流行ってるけど、東海ではあまり見ないですね」

と言われ、買う一歩手前まできていましたが、

どうも買うまでには至りませんでした。

 

また今度にしようかなとお断りしようとしたとき、

店員さんが自身のバッグ(もちろんカービンバッグ)を持ってきて

 

「私だけのバッグなんですよ、これ。

自分だけの色が出るんです。」

 

と言って見せてくれました。

 

新品と違って色落ちしてて、柔らかく、クタクタになってて、

でもなんだか愛着を感じるバッグでした。

 

結局、店員さんのその一言で買ってしまいました(笑)

 

でも本当に、店員さんのバッグを見て触ったとき

「革にも表情がある」と感じたんですよね。

 

20代の私からしたらすごく大きな買い物でしたが、

買って全く後悔してないです。

私だけのカービングバッグ。

あのとき、出会えて良かった。

 

 

買ったモノその◆Д薀ぅ澄璽好献礇吋奪(UNITED TOKYO)

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、長く使えるライダースが欲しいと思って、

ずっと探していました。

ただ私は学生(貧乏大学生)だったので、何が良いのかも分からないし、

合皮か本革かなんて分からず。

どれもだいたいは一緒ではないのかと思っていました。

(無知ですいません)

 

そんな中、全て国産で作られている「UNITED TOKYO」さんの

サイトをネットで見つけました。

 

「金額も国産にしては高すぎないし、良さそう。」

 

そんな理由から、実際お店で試着しようと思いました。

実際に試着し、肌馴染みも良かったんですが、

やはり貧乏大学生、金額で購入を躊躇していました。

 

けど金額のタグの近くにある表示を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

「made in japan」以外に、

生産した県まで表記してありました。

 

「ISHIKAWA」

たまたまだと思いますが、私の出生地と一緒でした。

 

「このライダースも、私と同じ県に生まれたんだ」

 

これを見つけた瞬間、一気に親近感がわき、

いつのまにか購入していました。

当時、カード分割で購入をして支払いが

大変だった記憶があります(笑)

 

 

 

 

 

私個人の、モノを買う基準

 

 

私のモノを買う基準はざっと

こんな感じになりました。

 

*人と少し違うモノ

*自分だけの○○

*ストーリー性があるもの

*自分と共通点

*直感

*手作り

 

自分の「モノを買う基準」を

振り返る事が今までなかったので、

このコラムを書きながら、なるほど〜と思いました。

自分自身、安さを重視して買っているのかと

思っていましたが、ちゃんと考えて買っているんだなぁって。

 

 

 

 

ジスクリエーションが作る商品

 

 

今回私が紹介した2つの商品、

作りであったり、製造国であったり

様々なこだわりがありました。

 

ジスクリエーションも他の会社には負けないぐらい

ものづくりメーカーとして、こだわりをもって

「幸せを感じる暮らしと眠り」を提供しています。

 

 

機能性と実用性はもちろんですが1番は

 

「長く大事にされ、愛着がわくような商品を作りたい」

 

と強く思っています。

 

 

現代社会は多様化していますし、

お客様全員の「モノを買う基準」は絶対に違いますが

 

使い心地の良さ」

「愛着」

「安心」

「親近感」

 

などの感覚的な基準は

ある程度共通しているのではないかと思います。

 

そしてこの感覚的基準は機能性と価格だけでは

満たせません。

 

 

だからこそ、ジスクリエーションは

日々市場調査やお客様の目線にたって研究しています。

 

 

 

 

 

 

 

ブログを見て下さった方で、

 

「こんな枕があったらいいな」

「最近、こんな事で悩んでいる」

「こんな基準でモノを買ってるよ」

 

こんな意見がありましたら、是非コメントや

メッセージにてお寄せください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

このブログを書いて、思った事があります。

枕も革と同様に

使いこめば使いこむほどに、

表情が生まれ、味がでるのではないかと。

ピローメーカーで働いているからこそ

そう思うのかもしれませんね。

 

 

 

 

 (webショップ担当 大塚)

at 09:28, relaxia-shop, 社員のブログ

comments(0), trackbacks(0), -

comment









trackback
url:http://relaxia-shop.jugem.jp/trackback/93